晴れ、一時雨

だいぶあったかくなってきて、うちの前の通りでは、
早咲きの桜がすでに散り始めているぐらいですが、
夜は相変わらず冷え、暖房が欠かせません。
そんな上がったり下がったりの気温にヤラレ気味で
体調がちょっとおかしい今日この頃です。
d0031955_7494656.jpg


そんでもって最近このブログもすっかり更新をサボリ気味で、
自分でも何してたんだか、よくわかんなくなってる状態ですが、
そんな中でもひしひしと感じているのは、英語力の恐ろしいまでの低下でございます。
こっちに初めて来たときより、ひどくなっているような気さえするんだよね、正直......。
子供の頃のことはよーく覚えてるのに、最近のことはよく覚えてないっていうアレと、
一夜漬けの知識は一晩で忘れるっていう、アレの原理ですよ、まさに。
3年ぐらい前に半年〜1年ぐらいかけて必死で詰め込んだことが、
半年〜1年ぐらいかけて少しずつ、こぼれて流れていってるような感じがしてなりません。
単語とか全然出てこないの、あんなにいっぱい習ったのに。

やっぱり語学っていうのはちゃんと「勉強」し続けないとダメなんですねー、この歳だと。
翻訳の仕事ももちろん勉強になってるんだけど、翻訳ってどっちかというと日本語力だから、
英語の上達とは全然といってもいいぐらい、関係ない(キッパリ)。
というのも、もうどうせこれ以上単語とか覚えられないから(覚えてもすぐ忘れるし)、
超簡単な知ってる単語だけで話せばいいや、
みたいなことになってて、全くもってやる気なし。
しかもぶっちゃけると、最近英語を話すのがメンドくさい......。いやーやばいですね。
やっぱ歳かなー。あと疲れがたまってるのもイカンですなー。はー。

これからのいい季節に向けて、ちょっとパワーアップしたいですねー、はい。

●today's photo:街角で見つけた素敵な木。お花がシャラランと垂れ下がってます。
こういうイヤリングあるよねー、とか思いながら。
d0031955_7551455.jpg
[PR]

by satoritti | 2009-03-26 07:23 | language

曇り、一時晴れ

新年の抱負として夜型生活脱出を掲げていたのに、
今のところ全然実行できておりません。
旧正月以降から実施ということにしておこう。

仕事で犬の飼い方についての本の翻訳をやらせていただく機会があり、
改めて犬の習性についていろいろ学びました。
むかし実家にいたとき、ずっと犬を飼っていたけど、
いま思うと、犬についてよく知らないまま、
いい加減に飼っていたなあと大きく反省。
犬にあげてはいけない食べ物とかも、よく知らなかったような気がするし、
自分たちの都合を優先して、犬の健康や幸せは二の次だったような気がする。
大好きだったのに、単純に飼い方をよく知らなかったのだ。

個人的にそうだったのかー、と思ったのは、犬(主に不安な状態の場合)は
真っ正面からまっすぐに視線を注がれるのが苦手だということ。
よくお店の前で、買い物している飼い主さんを待っている犬がいますよね。
犬好きな私は、ついついそういう場面に出くわすと、
犬に近寄っていって声をかけたりさわったりしてしまうんだけど、
ときどき、近づいた瞬間にものすごい剣幕で怒られることがあるんだよね。
なんだよー、ちょっと声かけてさわっただけじゃんかと思うんだけど、
実は、犬はひとりぼっちで不安な状態にいて、そんななか、
自分のことを直視しながら迫ってくる人間が現れ、
なかばパニック状態に陥っている、ということらしい。

犬は知らない人から直視されると、けんかを売られていると思ったりするんだって。
そう言われると、犬によっては微妙な表情で見つめ返してくる場合が
あることを思い出す。こういう時は私も「ん?この犬、どう思ってんのかな?」って
その表情の意図するところをよく読み取れずにいたんだけど、彼らにしてみれば
「うわ、なんかすげー見てるよ(ドキドキ)、
なんだよ、やんのかオイ、どーなんだ、ええ?」
って感じだったのかもしれない。
まあ、そのまま特に怒らず、黙って私になでられてたりもするんだけどね。
警戒するにはしたけど、まあ大丈夫だった、っていうところなんだろうか。
それにしても、そうか、人間だけじゃなくて、犬にも直球はダメだったのね、、、
なんて、違う意味でも反省したりして。

同じような理由から、たとえば犬が何かしでかして、飼い主に怒られた場合、
ときどき知らんぷりしてるような、うるせーなーとでも言いたがっているかのような、
飼い主のことを馬鹿にしているともとれる態度をとることがあるけれど、
これも実は「うわーどーしよ、やっちゃったよ、すごい怒ってるよ」と
内心ドキドキのパニック状態らしく、
「落ち着かなきゃ」と自分に言い聞かせる意味で、
視線をそらすということをやるらしいのです。
すごいねー犬って。感情に抑制をきかせるなんて、
人間の、いい歳した私でもいまだに時々、できないのに。

そうはいっても、道ですれ違いざまにじっと見つめ合って目が離せなくなる、
という犬との出会いも時々あって、これはもう人間と同じで、
ひとめ惚れ状態なのね。通り過ぎた後もお互い振り返って見ちゃったりして。
だからやっぱり相性なんだと思うんだけどね。
私は(犬に関しては)来るもの拒まずなのでどの犬にもいちおう視線を投げるけど、
時々、あからさまに鼻であしらわれたりすることもあるんだよね。
でも彼らも実は、知らない人からじろじろ見られて
単に怯えてただけなのかもしれないわ、、、と思うに至り、
ますますそんな犬たちが愛しくなってしまうのでありました。

d0031955_9534744.jpg
[PR]

by satoritti | 2009-01-19 09:49 | language

曇り、一時雨

JSAのA担当、アジ・ディランから
「『おもいこんだら』は『思い込んだら』じゃないの?『重いコンダラ?』」
というメールがきて(言わずと知れた「巨人の星」です)、
へ?あれって、空耳アワーの定番として、今まで何度も語られてきたネタでは・・・というか、
私自身はおそらく子供時代から「思い込んだら」と聞き取っていて、
何の疑問も持ってなかったんだけど、
誰かが(アジ・ディランかもしれん)前にもこのことを言い出して、
それで「第一、コンダラって何よ?」って話になり、、、って展開だったような気がするんだけど、
なんかこれも遥か遠い記憶で、
実は私も「重いコンダラ」だと思い込んでいた一人だったんだっけ?
と、自分の記憶に自信喪失。というか、ある意味これ記憶喪失。

なぜにアジ・ディランが今になって再び混乱したかというと、
どうやらマンガでこんなのを見たらしい(以下はアジ・ディランから送られてきた画像)。
d0031955_8462737.jpg


そんなわけでネットでちょいと調べてみた。
そしたら、正解はやっぱり「思い込んだら」なんだけど、
どうやら「コンダラ」という言葉も、この空耳ネタから発展して、
いまや市民権を得ており、いわゆるグラウンド整備用の
整地ローラーの俗称としてフツーに(?)使われているということが判明しました。
今さらですけれども、エエ。
しかもこんなふざけたサイトまであった…ナゾだわ。

こういう空耳はいっぱいあって、ここにもそんなネタが
いろいろ載っていたけど(特に私は「アルプス一万尺コヤギの上で」に共感)、
歌にせよ人の話にせよ、やっぱり人間、
なにげに自分の都合のいいように聞いてるもんですよね。
あと、最初に間違ったほうで覚えてしまうと、それが脳裏に焼きついて、
後で正解を知ったところでなかなか定着せず、
しばらくするとまたどちらが正しいほうだったのかわからなくなって結局、
いつまでたってもその言葉については自信がもてない、という現象もよく起こりますね。
私は漢字の読みにおいて、それがよくあります。
英語でもいろいろあるんだけど、その代表格がcollapseという単語。
「コラプス」が正しい発音だけど、「コラスプ」のほうが言いやすいためか、
これが頭から離れず、毎回えーと、どっちだっけ?と一瞬考えてしまう始末。

ところで空耳アワーはいまも健在なのかしら?
久々にタモリ倶楽部が見たいな~

●today's disc:あふりらんぽ/URUSA IN JAPAN
彼らの名前もなかなか最初は正確に覚えられず、毎回「あふらりんぽ」で検索して
そのたびにGoogleに「もしかして あふりらんぽ?」とか聞かれたりしていた。
それはさておき、すごいこの娘っ子たち~!かわいいしかっこいい。
実は今さら音源取り寄せ中なんだけど、何曲か聴く限りでは非常に好き。
またまたバンド願望が…(3ヵ月に一度発症)。
[PR]

by satoritti | 2008-02-24 08:25 | language

曇り

今日から新しいコースが始まった。何を隠そうツーリズムのコース。
正直ほとんど興味がない。じゃあなぜに?というと、visaの問題があったから。
私自身は語学をもう少しやりたかったのと、ひとまずvisaが取れたら語学に替えてもいい、
とのことだったので申し込んでおいたというのが正直なところなんだけど、
実際、語学のクラスに長々と居続けるのは限界があることを思い知ったので、
英語上達の別のアプローチとして、とりあえず受けてみよう......
ってわけなのだが、大きな面倒がいくつか。

まず、今期からGoldhawk roadという、自宅からエラく遠い校舎に
そのコースが移ってしまったこと。あんなところまで通うなんて無理!と思い、
キャンセルしようかと真剣に考えたが、Overground trainとbusを使えば
どうにか1時間ぐらいで学校まで行けることがわかって、とりあえず妥協。
しかし朝6:30起き。。。つらい~。
そして3ヵ月に一度、試験がある。
これはABE(Association of Business Executive)認定コースなので、
3ヵ月ごとに1つのモジュールをこなしていき、そのたびに試験を受けて
ひとつずつ単位をとっていくというシステム。
で、そのために協会登録料やら受験料やら教材費がまたかかる。
うーん。さほど興味がないコースなのに、労力と出費がデカイ。。。
でもこれでvisaを取っている以上、そして学校を替える予算がない以上、
やめるわけにもいかないし。。。難しいところ。

とりあえず、しばらくは通ってみて、試験も受けてみて、
その様子でまた考えようと思う。
お金があったら、BAのブックアートとか取りたいんだけどなあ。。。

●today's disc:The Sonics/Here are the sonics!!!
久々にレコード衝動買い。プレーヤーがないってのーに。。。
ひとまず店で気が済むまで試聴しておいた。名曲the witchにシビレる。
[PR]

by satoritti | 2008-01-08 05:18 | language

曇り、雨

少し前から、例のカップル以外に、先日退社したよーこさんのご主人(スコットランド人)にも
週1で日本語を教えはじめました。子供がもう日本語を理解しはじめているので、
ママとのやりとりにパパが入っていけないことがあり、
パパとしてはそのギャップを埋めたい模様。
とはいえ、緊急事態というわけではないし、
長年しみついた英語脳を今から日本語モードに切り替えるのは大変そうで、
かなりゆっくりペース。でも、回を追うごとにレッスンにも身が入ってきていて、
一生懸命さが伝わってくる。そんな姿を見ると、ちょっと感動というか、
私もがんばって教えよう!という気持ちになります。
人が自分自身のために頑張ってる姿を見るのって、感動的だなあ。
見かけ以上に感動屋の私としては、そんなふうに思ったりしているのでした。

しっかしさすがに学校とバイトのほかに週3回のレッスンは堪える!
本当に毎日ヘロヘロです。ちょっと気を抜くと朦朧とします。
こりゃ体力的に一ヶ月が限度だなホントに。
人間、いくつになってもやりたいことができる、とか言うけど、
いや、ある意味それは正しいと思うけど、でもさ、やっぱり体力の問題ってあるよね。
若いときみたいにムリがきかんのですよ。問題はそこですよ。
あ~もっともっとエネルギーを上手に使えたらなあ。

●today's photo:民家の庭にあったプチトマトを盗み食いしているりすを発見。
しばらくするとその家のお母さんが出てきて、「もしかしてあのりす、トマト食べてる?
まったくもう!困ったわね」。一緒に出てきた子供(女の子)は「でも可愛いけどねー」。
そして私も「だよねー。私なんか写真撮っちゃったよ~」。
d0031955_727850.jpg
[PR]

by satoritti | 2007-08-14 04:15 | language

曇り、ときどき晴れ

今日から、プライベートで日本語を教えることになりました。

資格は取ったものの、まだまだ勉強しなくちゃならないことがいっぱいだし、
とにかく経験がないので、まずは日本語に興味がある人を集めて
ボランティア的に教えていこうかなと思ってたんだけど、
たまたまインターネットで「日本語教師探してます」っていう広告を見たので、
メールしてみたところ、トントン拍子に話が進んだというわけ。
生徒はイギリス人のカップルで、これから約1ヵ月の間、週に2回ペースで教える予定。

で、今日、バイトが終わってから彼らの家に行ったんだけど、
North Greenwichのすごく素敵な高級フラットでビックリ。
レッスンの場所として通された部屋も、モダンなテーブルと椅子が備わった完璧なスペース。
そして生徒となる二人もとても感じがよく、非常に勉強熱心で覚えがいい。
思ったよりスムーズかつ進みが速いので、私もこれから準備に追われそうだ。
正直、このペースで週2回かあ、大丈夫かな私?とも思ったけど、
こうなったらやるしかないっす。

とはいえ、家に帰ってきたのは夜11時半。
初回だったこともあり、さすがに疲れました。
夕飯をとるタイミングも逃したし。。。グッタリ。
そして、ほとんど倒れるように就寝したのでした。
この先1ヵ月間、頑張らなくちゃ。。。
[PR]

by satoritti | 2007-07-25 09:35 | language

最後の実習をどうにか終えました。

いやーーーー。きつかった!
今回は今までの倍、1時間の授業を一人でやるというのに、
項目分析にまずエライ時間がかかり、教案もなかなか進まず、
だんだんアクティビティの内容にも自信がなくなってきて、
どーしよー!時間ないってのに!と、一週間テンパリどおし。
毎日睡眠3時間のペースで、バイト先でも「日本語の先生って
そんなに大変なの……?それでお金を稼げるの…?」と言われる始末。

まあ、実際に先生になったら、コースブックに沿って教えていくという手があるので、
こんなに大変じゃないはずだけど(じゃなきゃ体がもたない)、
これはあくまでも実習ということで、教案から教材の準備まで
全部自分でやらなくてはならないので、恐ろしく時間がかかるのである。
まあでも、コースブックを使って教えるにしても、項目分析はやはり必要で、
でも今のところ自分が教えた文法箇所しか完全に項目分析はしてない&一つの
項目を分析するだけでもえらい時間がかかる=こんなんじゃ、いつになっても
人に教えられる状態になれないのは確か……。

ともあれ、前日の金曜はほとんど徹夜の1時間睡眠。
ほんとーに死ぬかとおもった。こんなに体を酷使したのは久しぶり。
でも、それでどうにか準備が整い、朦朧としながらグリニッジへ。
しかも今回は苦手な項目+苦手なレベルだったのですが、
授業は思っていたよりスムーズに進んだし、楽しくできた。
まあ、楽しくても、きちんと理解させなくちゃ意味がないんだけど。
そういう意味ではまだまだツメが甘いことを改めて実感しましたけれども。

授業のあとに、毎回生徒にフィードバックをもらう(感想などを
シートに書いてもらう)んだけど、これもかなり参考になる。
授業中はわかったように見えてたけど、そうでもなかったのかあ…とか、
自分では全然気づかなかったけど、この部分はちょっとペースが速かったんだなあ、とか、
あの人は難しい顔していたけど、けっこう楽しんでくれてたんだなーとか。
こういうフィードバックをもらえるのは、実習生のときぐらいだと思うので、とても貴重。
これがなかったら、ずっと勘違いして過ごしたりもしそうだなと思った。

とにかく、反省点は尽きないにせよ、楽しかった。
最後が気持ちよく終われて、ひとまずよかったです。

この日、私と同じように別のクラスを1時間担当したクラスメートと、
帰りに軽く打ち上げた。私たちは一足お先に上がり!なのだ。イェイ。
来週は残りのクラスメートが担当する実習を分析するだけなのでラクチン。
そして再来週には、いよいよコース終了です。
半年間、あっというまだったなあ。

それにしてもツカレマシター。
翌日はさすがに夕方5時まで爆睡。
目が覚め、ベッドから這い出てリビングへ行った途端、
ジョンに「グッモーニン(ニヤリ)」と言われたときは、
さすがにちょっと気恥ずかしかったのでした。
[PR]

by satoritti | 2007-03-17 11:49 | language

教育実習がはじまって、はや3週間。
死にそーに大変です。うわさには聞いていたけど、ほんとにキッツイ。
仕事でもここまで大変なのって、そうそうないよと思うくらい。

実習は計4回で、complete beginnerとpost beginnerを教えるんだけど、
そのうち3回はペアワーク。教授項目とパートナーは学校側から指定される。
パートナーとともに教案を考え、1回60分の授業を30分ずつ担当。
ペアワークといっても、教案を一緒に考えるだけで、授業中はお互い助け合っちゃいけない。
まあ、教案を一緒に、といってもなかなか難しくて、
ペアワークというのも、けっこうクセモノである。

それはさておき何がそんなに大変かというと、
教案を考えてシナリオを作り(これにまずエライ時間がかかる)、
教材を用意し、その日の授業のサマリーとホームワークを作り、
授業後は学校側が録画した自分の授業のビデオを観て、
先生からの講評と生徒からのフィードバックも参考にしつつ
反省レポートおよび授業の再構築レポートを提出。
それをやりながら翌週の授業の構成も考えて…で、
もーーー1週間が鬼のよーに早く過ぎていく。
たった30分の授業の準備とレビューに、1週間以上費やしてる状態なんだから。
語学学校へはとても行けないので、休みをとった。
バイトへは行ってるけど、ちょこちょこ休みをもらっている。
じゃないと、とても終わらないんだもん。

初回の授業はcomplete beginnerの後半30分だったのだが、
なんと生徒数15人。いきなり15人って…多いよ!
土曜日は平日に比べて生徒が多いらしい。
ちなみに生徒は、教育実習生が行う授業ということをわかったうえで応募してきた、
日本語を習いたいと思っている現地の一般人(イギリス人)。もちろん授業料はタダ。

でも、大変とはいえ、初回はけっこう楽しかった。
ビデオを観たら、先生に指摘された点も納得がいったし、
ダメな点がいっぱいあったことがよくわかったけど、
でもそれでも楽しかったから、まあいいやと思った。

しかし2回目のPost Beginnerはボロボロだった。理解が早い人はいいのだが、
遅い人、またはまったくわからないという人もいて、その対応に追われてしまい、
思ったような授業ができなかった。時間もきっちり限られていて融通がきかないので、
どうしようもない。教えるのって本当に難しい。
全員に合う教授法というのは存在しないので仕方ないし、
いやー世の中にはほんとにいろんな人がいて、いろんな物の見方があるよなーと、
改めて思ったりもしている。

そして3回目。complete beginnerの前半30分。
自分では今までで一番よかったかなと思ったけど、
さっきビデオを観たら、そうでもなかった。がっくし。
しかも私ってほんと落ち着きないんだよね。なんか、自分がマンガみたいで、やんなった。
それはともかく、complete beginnerのほうが教えるのはやはり楽しい。

という感じで、すでに3回が終了。残るは次回1回のみ、
いよいよ一人で1コマ60分を担当。しかもpost beginner。
教授項目も比較Ⅱと、個人的に苦手なことばっかり!やだよ~。
教案もまだ全然いいのが浮かんでなくて、ほんとにどうしようかと焦っている。
でもどうにかするしかない。今週が勝負じゃ~

この3週間、ほんとに遊んでない。飲みにさえほとんど行っていない。
毎日腰が痛くって仕方ないし、精神的にもプレッシャーでキツイ!
早くこの状況から解放されたいですうーーー泣。

●today's music:The Pipettes/We are the Pipettes
テレビでライブやってるの観たら、なんか踊りたくなってきて。
踊りにいきた~い。ライブにいきた~い。あそびた~い。
[PR]

by satoritti | 2007-03-11 07:43 | language

なんとなんと、英語の試験、CAEに合格しました!!

今朝、学校に行く前に郵便が届いてて、どうせ落ちてるだろうしと
何の気なしに封を切ったら、予想外に受かっててヤターッ!
まあ、ボーダーラインぎりぎりではありますが、合格は合格じゃ!
期待してなかっただけにビックリ。でもほんとうれしい!
思わず、家を飛び出してバス停までうれしくて走っちゃった。
いやー、テストに受かるのがこんなにうれしいなんて。久々の感覚です。
わーいわーい。
[PR]

by satoritti | 2007-02-08 08:02 | language

なんだかイソガシーです。

今のところ、午前中に語学学校に行き、午後は週3でバイト。
でもそのバイト先で新プロジェクトが始動した関係で、来週からはしばらく極力毎日出勤。
そして土曜には別の学校へ行っているので、週末にはなんだかもうクタクタに。
日曜がほとんど「寝る日」になっている。
今日も約束が急遽キャンセルになったのをいいことに、
午後3時まで寝てた…。あ、別に誰も驚かないか。

ところで土曜日に行ってる学校というのは、日本語教師になるための学校です。
昨年9月からコースを取っていて、毎週はるばるグリニッジまで通ってます。
イングランドまで来てなんで日本語教師?と思うかもしれませんが、
こっちに来なかったら絶対に考えもしなかったと思うし、
こっちにいるからこそ日本語について考える、見えることがいっぱいあり、
内容的にも言語学の領域にも及んでいて興味深かったので、
将来、実際に教師として働くかどうかはともかく、
とりあえずちょっと頑張ってみようと思って始めました。
英語も好きだけど、日本語も大好きだし。
書くことにしても、何かを伝えるということにしても、
コミュニケーションに関することは、ずっと続けていきたいというのもあって。

しかし、これが思ってた以上に大変だった。Postgraduate courseということもあり、
授業および試験のほかに、数回の論文提出があり、案の定、締め切り前は毎度、徹夜、徹夜…。
昨年後半、英語の試験(CAE)と時期が重なっちゃったときには、
ほんとにコースを取る時期を間違えた!と思った。
でも、授業自体はとても興味深くて集中できる。新しい発見も多々。

それにしても「外国語としての日本語(=外国人に教えるための日本語)」を勉強するのって、
新たに別の言葉を勉強しているような難しさ。
まず、考え方からして違うんだもの。もはや私の知ってる日本語ではない!って感じ。
それで思うのは、私も英語をこういう形で勉強してるんだなーということで、
てことは、やっぱり簡単にネイティブみたいになれるわけないなー、と。
いやー、これが現実ですよね本当に。ま、だからといって諦めるわけにもいかないわけですが。

とはいえ、そのコースも折り返し地点となり、
今月後半に2回にわたって試験があり(全然勉強してなくて超ヤバイ!)、
いよいよ来月末から教育実習。ひー!
あたしにそんなことできるんだろかと今からビビッてますが、
まあ、なるようになる、かしら…。

ところで、年賀状やカードなどをお送りくださったみなさま、
どうもありがとうございます。楽しく読ませていただいてます!
取り急ぎ、この場を借りてお礼申し上げます。

●today's music:BLONDIE/ONE WAY OR ANOTHER
よく頭の中で回っている。なぜかこの曲、こっちでよく聴くんだよなあ。
ラジオでもよくかかるし、CMにも使われてたり。
[PR]

by satoritti | 2007-01-14 11:14 | language