晴れ/曇り

あっという間にロンドンに来て半月が過ぎました。
お蔭さまで部屋も決まって、先週末から今のフラットに住んでます。
今回はゾーン3と、ちと都心からは離れてるけど、
環境はなかなかよく、住みやすいのでまあオッケーです。
裏庭もあって洗濯物も干せるし。
今のところいいお天気が続いているので(日本より暖かいくらいです)、
朝ご飯は庭で食べたりしてます。

それはさておき、4月29日はご存知のとおり、ロイヤルウェディングでした。
雨が降る、降ると言われてたのに、結局降らなかった。よかったねプリンス&プリンセス♡
まあ、個人的にはさほど興味ないんだけど……その日は街中、お祭り気分に満ちていて
深夜までパーティーしている家がたくさんありました。
みんな祝賀ムードにかこつけて騒ぎたいだけなんだけどね。
なんにせよ、そのへんの街角にターンテーブル設置して
がんがんパーティーしちゃうあたりはさすがですね。
パーティーにかける情熱が違うってゆーかw。
d0031955_5544638.jpg

d0031955_5531322.jpg

d0031955_5555567.jpg

d0031955_67158.jpg

d0031955_5564391.jpg

d0031955_5572359.jpg

そして終了後は案の定、ゴミの山。一カ所にまとめてあるだけマシかw。
d0031955_614060.jpg
[PR]

by satoritti | 2011-04-29 05:42 | days

晴れ

前回から4ヵ月もあいてしまいました。

それで私、明日からまたロンドンに行ってきます。

************************

3月11日、母の誕生日。
代々木のオフィスビルの7階で仕事をしていたら、突然ものすごい揺れに襲われました。
あんな揺れを体験したのは人生で初めて。
棚の上からファイルやらが崩れ落ち、観葉植物が倒れて中の砂が床に広がり、
壁にかかっていた時計が床に落っこちてきた時は、
冗談抜きで「えっ?私ここで人生終わったりするのか?」という思いが脳裏をよぎりました。

私のデスク周り
d0031955_1111252.jpg


d0031955_1113557.jpg


当時、オフィスには私を含めて二人きり。
巨大な揺れがしばし収まったのを見計らい、
ひとまずビルの外に出ようと部屋のドアをあけたら、
廊下の壁に備わっているクローゼットの扉が開いて
中の物が落ちてきていたらしく、廊下が物で埋まっている! 
やばい、閉じ込められる!!と高まる恐怖心と闘いながら、とにかく玄関へと急ぎました。
そこで、ワンフロア上の部屋にいた社長と合流。
1階まで降りると、同じビルの人はもちろん、
近隣のビルにいた人たちも、わらわらと外に出てきていました。
d0031955_1123216.jpg


d0031955_18634.jpg


d0031955_11328.jpg


その日は一日中、ずっと揺れていて地震酔い。
オフィスに泊まり、翌日の夜、帰宅。
その後もずっとずっと揺れていました。
地震発生から家に帰るまでの三十数時間の間に
原発問題が勃発し、また被災地の状況が徐々に露になっていくなか、
断続的な揺れを体感しながら、飛び交う情報を血眼になって追いかけていたせいか、
一日がとても長く感じた。
発生から2日後ぐらいでも、まるで一週間ぐらいに感じるほどでした。

計画停電の影響で電車は臨時ダイヤ。駅に人があふれたり……
d0031955_1132776.jpg


スーパーやコンビニの棚が空っぽになったり……
d0031955_1134699.jpg


などなど、首都圏でもいろいろとパニックが起きました。

あれから1ヵ月。事態はまだまだ収束せず。
ここ数日、また大きい余震が頻発していて、不安が募ります。
だいぶ揺れには慣れたと思いきや、ちょっと大きいのがくると
ビビって固まってるし。。。
最近じゃ「今日、地震あったよね」じゃなくて
「今日、地震きてないね」なんていうのが普通になったり。

そんななか、日本人として日本を離れるのは、なんというか、
事故で大ケガを負い、いまだ重傷の家族とか友達を置いていくような、
どうにも心もとない気分です。
また、あの日から連日、テレビや新聞のニュース、またツイッターなどを通して
被災地や原発の状況を目にしては、ハラハラうるうるしてばかり。
私なんか特に何の被害も受けていないに等しいんだから暗くなってる場合じゃない、
明るいこと考えて、できることやっていかなくちゃ、って思うんだけど、
次の瞬間には自分自身の不甲斐なさに直面して悶々。
なにやっとんのじゃあたしはー!(金八風です)

でも、フランスの詩人、ラ・フォンテーヌの名言、
「急いでも無駄。大切なのは間に合うように始めることである」
が染みたので、その言葉を胸に、ロンドン行って来ようと思います。

ということで、行ってきます。

一日も早く、日本が元気になりますように……!!!
d0031955_1295349.jpg
[PR]

by satoritti | 2011-04-15 01:29 | days

d0031955_2364313.jpg

(もう10日も経っちゃったけど)あけましておめでとうございます!
日本でのお正月はなんと2004年以来! 自分でもびっくりでした。
今年もあれやこれやと楽しみたいと思います〜。どうぞよろしくだぴょん★
よい年になりますように!
[PR]

by satoritti | 2011-01-10 02:42 | days

濃ゆかった派遣仕事も無事、10月末で終了となりました。
いやはや、この3ヵ月はお金のために休日返上でガッツリ働きましたよ!
最後は本当にクタクタだったけど、無事に終わってよかったーー。

でもっておととい、両親とともにサイボクハムに行きました。
埼玉県民なら一度は行きたいサイボクハム!
私自身、行くのはたぶん高校生の時以来、かな……。
こちら、その名が示すとおり肉、ハム、ソーセージの直売所です。
ミートショップ以外にも野菜の直売所や、パン屋さんなどもあり、
いや、それどころか、敷地内に温泉まであります。

しかし久しぶりに行ってみたら、平日の昼間から賑わっとる!
d0031955_2359671.jpg


それにしても埼玉らしい垢抜けなさで、ツッコミどころがいろいろあります。
「ホッとんドッグ」とか。
d0031955_025893.jpg


「レストラン」とか。店名がレストランって、あーた……。
d0031955_035877.jpg


「しあわせの豚 サブレー」なんていかがですか。羽根はえちゃってる。
どこか物悲しさが漂うのは、肉屋にこれが置いてあるからなのか……。
d0031955_045643.jpg


ミートショップ店内はこんな感じ。実演販売もしてるので
ハムとかウインナーとかいっぱい試食できます。
d0031955_063018.jpg


ブー子のベンチ。
d0031955_07622.jpg



なんだかんだ言って、けっこう楽しんじゃいました。
お肉好きの方は、ぜひ一度足を運んでみてください。
[PR]

by satoritti | 2010-11-05 00:13 | days

夏の終わり、仕事もだいぶ慣れてきた頃、
子供っちを連れてロンドンから里帰り中のよーこさんと会いました。
ジェイミー&ももちゃんに会うのは、思えば半年以上ぶり?
二人とも成長してた! 
d0031955_1592664.jpg


特にももちゃんはすっかり女の子らしくなってて、
でも言動は相変わらず超面白くてチャーミング。笑かされっぱなしでした。
d0031955_203194.jpg


とっても仲が良くて可愛い兄妹♥

ファミレスでの夕飯、締めはやっぱりパフェですな。
d0031955_225817.jpg



今度はロンドンで遊ぼうね〜。
[PR]

by satoritti | 2010-11-04 02:03 | days

晴れ

11月になってしまいました。
この2ヵ月ちょいの間に、またいろいろなことがありました。

一つに、高校、大学と一緒だった友人が急逝したこと。
彼女とは卒業後も時々会ったり、一緒に旅行したりする仲だった。
いつも忙しくいろんなことに取り組んでいて、人付き合いもマメで丁寧。
3年ぶりに帰国した私にも連絡をくれて、他の友人たちも一緒のランチに誘ってくれたのに、
私は職なし、彼女は3人目を妊娠中だったため、私の状況が落ち着いた頃、
彼女もお産を済ませて落ち着いた頃にまたゆっくり、という話になり、会わずじまいだった。

そうしたら彼女は、出産時に子宮破裂を起こし、そのまま意識不明になってしまった。
そしてその3週間後、あっけなく他界してしまった。
赤ちゃんは無事に生まれて、すくすく育っている。
遺された3人の子供たちと旦那さんのことを思うと、本当に胸が痛い。

お通夜にはなんと500人ぐらい参列したそうで、彼女の人徳を改めて思い知った。
また、旧友にたくさん会った。高校時代の友達は、
それこそ10年以上会っていなかった人たちばっかりだけど、
しかも今はみんなそれぞれに違う人生を生きているわけだけど、
再会すれば、あっという間にあの頃に気持ちが戻ってしまうのだった。
そしてみんなで、彼女との日々を懐かしんだ。
しかし、こんな形で再会することになるなんて。

翌日の告別式もしめやかに行われ、私たちは出棺まで見送った。
棺の中の彼女を見るのは本当に本当につらく、堪え難い思いだった。

でも、今でも全然実感がない。
毎日会っていたわけじゃないから、まだどこかで生きているような気がしてならない。

その翌週、妹が3人目を出産した。
友人のことがあったので、私もとりわけナーバスになったけれど、
無事に元気な男の子が生まれた。
それからあっという間に2ヵ月。こちらもすくすく元気に育っている。

人は生まれて、死ぬ。
このシンプルな事実を心底しみじみと実感した2週間だった。
頭ではわかっているつもりでも、実際に直面すると、
実は自分は、それを受け入れていたわけじゃなかったのかもなと思い知る。
でも、だからこそ、好きなことして生きなくちゃ。
これもよく言われることだけど、今回、改めて噛み締めるように思ったのだった。
人生は本当に不条理だから、計算しても仕方ないし。

R.I.P
[PR]

by satoritti | 2010-11-04 01:50 | days



もはやお正月気分もすっかり消え去った頃かと思いますが、
改めまして、新年あけましておめでとうございます!
すっかり更新が気まぐれ頻度になっているこのブログですが、
今年もゆるりとよろしくお願いします。

それにしても2010年て……なんかすごい〜〜〜。。。ついこの間、
ミレニアム〜!とかって騒いだよーな気がするのに
あれからもう10年も経ってしまったのだね。ひいー。
私は結局、3年連続イギリスで年越し……ペロっと年が明けてしまい、
とりあえず実家から送ってもらったお餅でお雑煮つくって食べてはみたものの、
はっきりいって正月気分ゼロ。日本のお正月を楽しむのは来年までお預けです。

で、年末年始は何してたかとゆーと、ギリギリになってお誘いをいただき、
Elephant & Castleのウエアハウス・パーティで年越しライブと相成りました。
日本人のDJがテクノとかハードハウスとか鳴らしてる、
ちょいと怪しげなクラブパーティで、あたしら浮いてない?って感じだったけど……。
そのうえ機材の不備やらいろいろでサウンドチェックもできず、
演奏してても全然音が聴こえん!で、あたしはワイルドになってしまいました。
久しぶりにあやしー人をいっぱい見たし……。
まあ、これも経験ってことで☆

結局夜中の3時半ごろヴェニューを出て、その後、
友達のフィリープ&ティエリが住んでいるフラットで開催中の
NYEパ―ティーにあやこちゃんのダンナのニックも行っているとのことで、
私もとりあえず顔出しに。着いたらもう4時すぎで人もまばらだったけど、
DJティエリは途切れなくパンクやガレージをかけていて、
不思議空間で毒された身にはとっても心地よく現実が戻ってくるような感じで
楽しく踊ったのでした。最後はヘロヘロで寝てたけど。

そんで元日は昼の2時まで寝てて、ぐーたらした一日を過ごしていたんだけど
結局、夜も遅くから支度を始めてVibratorsのお正月ギグ@100clubへ。
Vibratorsを見るのは初めてだったのですが、さすがというか何というか、
よかったです。特にドラマーのエディさんが猛獣のようにエネルギッシュでよかった!
d0031955_4202485.jpg



d0031955_422090.jpg



合間にお約束のバーレスク・ショーもありました。
d0031955_4163270.jpg

[PR]

by satoritti | 2010-01-07 02:33 | days

d0031955_3124549.jpg


ロンドンはここのところ、たくさん雪が降っています。
明日は人生初のホワイト・クリスマス、かも!?

ハッピークリスマス! すてきな一日になりますよう!
[PR]

by satoritti | 2009-12-25 03:14 | days

秋晴れ

いやー、すごい風邪ひいてました。って前回も書いてたみたいですが、
これがねー、なかなか治らなくて、げっそり。
ちょっとよくなったと思って外に出ると、必ず具合悪くなって帰ってくるのですが、
かといってそうそう長い間、家の中でじっとしてるわけにもいかず。
これが長引かせた原因であることは間違いないのですが。
咳がひどすぎて、背中まで痛くなってました。
そこで、咳止め薬を飲んだり、喉にいいお茶を飲んだりと、あらゆる手段を尽くしました。
子供の頃に喉が痛くなった時、母がよくやってくれてた
「焼きネギの喉元巻き」も試しました。数日間、部屋中にネギ臭が充満。
ともあれ、これらの甲斐あってか?今はすっかり回復。はー、長かった!

そうこうしているうちに夏時間が終わってしまい、日本との時差がまた9時間に。
日もすっかり短くなって、夕方5時には夕闇が迫ってきます。
道には落ち葉がいっぱい落ちてるし、空にはうろこ雲がよく見られるようになって
すっかり秋の様相。気づけばもう11月! 信じられん〜。今年もあと2ヵ月しかないの?

そんなわけで、書くことがいろいろあった気がするのですが、
高熱にうなされたせいで、ちょっと記憶喪失気味です。
記憶が戻って来たらまた。
うーん、温泉入りたい!
d0031955_23551992.jpg
[PR]

by satoritti | 2009-11-05 00:02 | days

曇り、ときどき晴れ

仕事が重なってめっきり忙しい今日この頃です。
一日が経つのがはやいはやい。
そうこうしているうちに、あっというまに9月も半ばを過ぎてしまいました。

9月にはギグだ!とか思ってたけど、まだ全然準備が整わん。
前回の練習時にドラマーのマークが持ってる8トラックで
デモを録音する予定だったのに、当日になって、
機材が壊れてる、、、ってことで、結局見送りに。
とりあえず現在、修理できるかどうか確認中。

しかも、ちょっとよさそうなケーブルをオンラインで見つけて、
買おうとしたらなぜかオーダーできず、メールで問い合わせたところ、
オンラインは現在、国外しか受け付けてないので電話で注文してくれと言われ、
電話したら、オーナーの人が病気で寝込んでて対応してもらえず、
結局一週間後にやっとつながって注文できたと思ったら、なかなか届かない。
なにやら郵便ストの影響らしく......いやーもう、
相変わらず滞ってますよこの国は。もう慣れたけどさ。

そうだ、「この国は」で思い出したけど、
こないだスーパーでビタミン・タブレットを買って、
翌日飲もうと思ったら、フタがあいている。
中を見たら、20個入りのはずなのに、18個しか入ってない。
誰かがフタあけて盗んだらしい!!(しかしセコいなー2個だけ泥棒って)
くっそー、やられたー。。。今度から絶対、最前列に置いてある商品は買わない!
と心に誓ったのであった。くう。

とまあ、余談はさてき、そんなこんなで9月はもう仕事と雑用で終わりそうですが、
10月以降、楽しみなことがてんこ盛り(の予定)なので、
ひとまず今月はじっとガマンの月ですだ。ううむ。

ところで先日、米俳優のパトリック・スウェイジが膵臓癌で逝去というニュースを知り、
ちょっと動揺してしまいました。57歳という若さです。
私は特に彼のファンというわけではないのですが、
彼がもう少し若い時の姿も知っているので、やっぱりショックです。
パトリック・スウェイジというと、「ゴースト」とか「ダーティ・ダンシング」の
イメージが強いのかもしれませんが、私の中では断然「ハートブルー」です。
この映画を見て、初めてパトリック・スウェイジかっこいい!と思ったんだよね。
かなり好きな映画で、もう何度となく見ているんだけど、
今回の訃報に接し、追悼の意味を込めてもう一度見よう......と思って
ちとネットでダウンロードしてみたら、非常に珍しく30分ぐらいでダウンロードできたので、
その直後に、夜中1時ぐらいから見始めてしまいました。

やっぱりかっこよかった、パトリック・スウェイジ。
キアヌもいいんだけどね、若々しくて。
そういえば、この映画の監督キャスリン・ビグローは
女性ながらSF、アクション、ホラー作品などを主に手がけていて、
最近ではイラク戦争時のバグダッドで活動する危険物処理班について描いた
硬派な戦争映画「Hurt Locker」が公開されています。
「ハートブルー」を見たときも、これが女性監督の作品!? と、
驚くと同時に感動したけど、相変わらず硬派な作品を撮っているようですね。

改めて、パトリック・スウェイジ氏のご冥福をお祈りしたいと思います。

d0031955_8415466.jpg
[PR]

by satoritti | 2009-09-19 09:00 | days