曇り、ときどき雪

おかげさまでブレスレッツ、忙しくギグギグ・スパトニック!してます。
(そういえばちょい前にジグジグ・スパトニックがカムデンのアンダーワールドで
ライブやって、ソールドアウトだったそうですよ! すごくない?まじで人気は健在なのか!?
あたし昔好きだったんだよな〜。今度見に行かなくちゃ)
ヴェニューごとにいろいろ仕様が違うので、毎回音の聴こえ方も違って混乱したり、
思うようにいかないことも多いけど、とりあえず今は
やれることを目一杯やるしかないって感じです。
そういう意味では偶然にも私たちを見つけてくれて、声かけてくれるのは非常に有り難く、
とりあえずどんな挑戦でも受けるby猪木的な姿勢でいるのだけれど、
このへんもなかなかどーしていろいろで、まあ要するに手探り状態です、ええ。

そんな中、ついこないだの1月8日金曜日、どんな偶然なんだか、
あのPete Doherty(元Libertines/Baby Shamblesの)の前座を務めることになりました。
もともと私たちはこの日に他の4バンドとプレイすることになっていたのですが、
翌週に同じヴェニューで3日間のライブが決まっていたPete様が急遽、
「やっぱり2日間のライブにするうー。そんで1日目は8日の金曜日にやるうー!」
と言い出したらしく、突然うちらのライブの日に割り込んできたってわけです(笑)。
プロモーターも慌てて調整したらしく、
結局、私たち含めて6バンドが前座として出演することに。

ヴェニューは私たちが前に初ライブをやらせてもらったRhythm Factory。
当日、楽屋はごった返していて、スタッフもいっぱいいて、
ステージの前にはものすごい高い柵が張られていて、あんぐり。
前回来た時とはヴェニューの雰囲気が全然違って見えました(まあ、
ヴェニューとしては本領発揮ってことなんでしょうけど)。
そんな中、「わーなんか学園祭みたい!」なんつって
バンドのメンバーに呆れられていたのはこの私です。
なにはともあれ、Pete Dohertyが(エキセントリックなライフスタイルの
ドラッグ中毒の人として、はたまたケイト・モスとの一件などで)有名なのは
知っているけど、今、ミュージシャンとしてどんだけ人気があるのか
よくわからない私たちは、ぼけーっとその状況を眺めているしかないのでした。
だってチケットも前売り£15、当日£20と高い!なんか全然違う世界。

私たちの出演は3番目で、お客さんもそこそこ入っている中、
演奏できたのでよかったです。今日は歌ってて自分のボーカルが
あんまり聴こえなかったけど、ライブは楽しくできました。
そんで、肝心のPete様は前座の最後のバンドが終わってもまだヴェニューに現れず、
またしてもドタキャンか!?と思われましたが、結局夜中の1時ぐらいに到着、
すぐステージに立ってライブ。ヴェニューは満員、チケットも完売だったようです。
ギター2本のアコースティックライブでしたが、リバティーンズの曲とかもやってました。
(Baby Shamblesもやってたと思います、私は聞いたことないのでわかんなかったけど)
客はほとんど酔っぱらってたけど、みんなPeteの歌に合わせて合唱していて、
やっぱ人気なんだなー、と。私もかつてリバティーンズは好きだったし、
この人の曲ってメロディはやっぱりいいなと思うので、まあ納得なんですが。
(英国ロック独特の音色みたいなのがあるような気がします)
あと、歌詞をよく読んだことがないけど、きっと多くの英国人に訴えかける歌詞なんだろね。
d0031955_5444785.jpg



それにしても1時間半ぐらい?やってたんじゃないかなー。長かった。
そんで、終わったらまたソッコー、楽屋をするりと通り抜けて、
裏口からヴェニューを出て行ってしまいました。さようならPete様。

ライブが終わったのは2時半すぎぐらい。
その後なんだかんだで、結局家に着いたのが朝の4時頃。
土曜日はほぼ丸一日、ごろごろしていました。
今日もなんかまだ疲れてます。ああー温泉温泉!!(とりあえず願望を文字に)
[PR]

by satoritti | 2010-01-11 05:46 | music



もはやお正月気分もすっかり消え去った頃かと思いますが、
改めまして、新年あけましておめでとうございます!
すっかり更新が気まぐれ頻度になっているこのブログですが、
今年もゆるりとよろしくお願いします。

それにしても2010年て……なんかすごい〜〜〜。。。ついこの間、
ミレニアム〜!とかって騒いだよーな気がするのに
あれからもう10年も経ってしまったのだね。ひいー。
私は結局、3年連続イギリスで年越し……ペロっと年が明けてしまい、
とりあえず実家から送ってもらったお餅でお雑煮つくって食べてはみたものの、
はっきりいって正月気分ゼロ。日本のお正月を楽しむのは来年までお預けです。

で、年末年始は何してたかとゆーと、ギリギリになってお誘いをいただき、
Elephant & Castleのウエアハウス・パーティで年越しライブと相成りました。
日本人のDJがテクノとかハードハウスとか鳴らしてる、
ちょいと怪しげなクラブパーティで、あたしら浮いてない?って感じだったけど……。
そのうえ機材の不備やらいろいろでサウンドチェックもできず、
演奏してても全然音が聴こえん!で、あたしはワイルドになってしまいました。
久しぶりにあやしー人をいっぱい見たし……。
まあ、これも経験ってことで☆

結局夜中の3時半ごろヴェニューを出て、その後、
友達のフィリープ&ティエリが住んでいるフラットで開催中の
NYEパ―ティーにあやこちゃんのダンナのニックも行っているとのことで、
私もとりあえず顔出しに。着いたらもう4時すぎで人もまばらだったけど、
DJティエリは途切れなくパンクやガレージをかけていて、
不思議空間で毒された身にはとっても心地よく現実が戻ってくるような感じで
楽しく踊ったのでした。最後はヘロヘロで寝てたけど。

そんで元日は昼の2時まで寝てて、ぐーたらした一日を過ごしていたんだけど
結局、夜も遅くから支度を始めてVibratorsのお正月ギグ@100clubへ。
Vibratorsを見るのは初めてだったのですが、さすがというか何というか、
よかったです。特にドラマーのエディさんが猛獣のようにエネルギッシュでよかった!
d0031955_4202485.jpg



d0031955_422090.jpg



合間にお約束のバーレスク・ショーもありました。
d0031955_4163270.jpg

[PR]

by satoritti | 2010-01-07 02:33 | days