曇り

あっ!!!
という間にロンドンに来てから2週間が過ぎてしまいました。

久しぶりの練習、最初はやっぱりちょっと調子っぱずれな感じがあったけど、
何回か合わせたらカンが戻ってきて、ひと安心。
でも久々のライブは……いっぱい間違えたーーーーー。
まあでも楽しかったからいいか!

今までのところライブを3本終えて、残すところあと2本。
そしてレコーディングが待っています。うまくいくといいなあ。

ところで先週の金曜は、なんとカムデンのUnderworld
Vibratorsのサポートでした。
今までで一番大きいヴェニューだったのでドキドキでしたが、
サウンドチェックの時、音がメチャメチャよくって感動!!
いつも歌ってる自分の声が聞こえなくて、ついガナリがちになっちゃうけど、
ここでは声が抜けるように聞こえて、気持ちいいったらないの。
俄然、テンションが上がりましたねー、ええ。

それにしてもVibrators、相変わらずキマってました。
d0031955_9353858.jpg


しかもKnoxもPeteもEddieもみんなとってもいい人で、
特にPeteには今回ベースアンプをお借りしたのですが
使い方から何からとっても親切に教えてくれて、本当に心強かったのでした。
d0031955_943202.jpg


楽屋@Underworld
[PR]

by satoritti | 2010-11-22 09:45 | music

そんなこんなで明日、再びロンドンに向かいます。

私が日本にいるために、ちょっと活動が滞っている
Bracelettesですが、もちろんバンドは継続してます。
で、来年、ロンドンのインディ・レーベルOddbox Records主催の
「Singles Club」に参加します。
これは英米の12バンドによる7インチ・コレクション企画で、
私たちはアメリカのGold-bearsとのスプリット盤を出す予定です。
また上記のレーベルのサイトでは現在、この企画に参加する
バンドのプロフィールをアップしています。
Bracelettesのプロフィールはこちら

というわけで、今回は1ヵ月弱の滞在ですが、
ライブ&レコーディング、たっぷり楽しんできます。
明日の夜にはもうロンドンです!
d0031955_0344373.jpg
[PR]

by satoritti | 2010-11-05 00:36 | music

濃ゆかった派遣仕事も無事、10月末で終了となりました。
いやはや、この3ヵ月はお金のために休日返上でガッツリ働きましたよ!
最後は本当にクタクタだったけど、無事に終わってよかったーー。

でもっておととい、両親とともにサイボクハムに行きました。
埼玉県民なら一度は行きたいサイボクハム!
私自身、行くのはたぶん高校生の時以来、かな……。
こちら、その名が示すとおり肉、ハム、ソーセージの直売所です。
ミートショップ以外にも野菜の直売所や、パン屋さんなどもあり、
いや、それどころか、敷地内に温泉まであります。

しかし久しぶりに行ってみたら、平日の昼間から賑わっとる!
d0031955_2359671.jpg


それにしても埼玉らしい垢抜けなさで、ツッコミどころがいろいろあります。
「ホッとんドッグ」とか。
d0031955_025893.jpg


「レストラン」とか。店名がレストランって、あーた……。
d0031955_035877.jpg


「しあわせの豚 サブレー」なんていかがですか。羽根はえちゃってる。
どこか物悲しさが漂うのは、肉屋にこれが置いてあるからなのか……。
d0031955_045643.jpg


ミートショップ店内はこんな感じ。実演販売もしてるので
ハムとかウインナーとかいっぱい試食できます。
d0031955_063018.jpg


ブー子のベンチ。
d0031955_07622.jpg



なんだかんだ言って、けっこう楽しんじゃいました。
お肉好きの方は、ぜひ一度足を運んでみてください。
[PR]

by satoritti | 2010-11-05 00:13 | days

先日、以前仕事でお世話になっていた事務所の社長に会い、
とっても美味しい和食をご馳走になりました。

連れて行っていただいたのは、新宿にある郷土料理店「くらわんか」。
月替わりの郷土料理のコース(10月は「越後路」)をいただきまして……
もーう本当に美味しかった!! 以下、写真で美味しさのお裾分け。

まずは突き出し、かきのもと
d0031955_1436239.jpg


お次は前菜、鮭とば〆張びたし、秋鮭白子ポン酢、むかごよせ、焼栗、鯖寿司
白子は苦手な私ですが、この日は美味しくいただいてしまいました。
d0031955_1439398.jpg


続いて<生>戻り鰹、秋刀魚、芽もの
d0031955_1440685.jpg 

  
<焼>栃尾の油揚げ焼
d0031955_1440483.jpg


<煮>越後名物のっぺ:五泉里芋“絹むすめ"、いくら、えのき、はすしめじ、なめこ、
人参、こんにゃく、絹さや が入った、優しい味わい
d0031955_14412759.jpg 


<揚>越後舞茸、わかさぎ、青唐の天ぷら
d0031955_14433082.jpg


<食>は、秋鮭わっぱ飯:秋鮭、玉子焼、いくら、三ツ葉、柚子の贅沢なご飯。
お吸い物も具だくさんで美味しかった〜。
d0031955_14564670.jpg


d0031955_14544884.jpg


食後には自家製巨峰シャーベットが出ました。
あーー本当に満喫いたしました。ご馳走様でした。
こんなに贅沢な和食は本当に久しぶりでした。
やっぱりご飯は日本だなー。   
[PR]

by satoritti | 2010-11-04 14:52 | eating

そして9月の終わり。
妹の3人目の子供(男児)が無事に生後1ヵ月を迎えたということで、
家族揃って、近所の氷川神社にお宮参り。
天気がよく、境内には光があふれ、とても清々しい日でした。
d0031955_2151125.jpg


d0031955_2154351.jpg


お宮参りに参列するのは初めてでしたが、なかなかに厳かな雰囲気。
d0031955_2183077.jpg


元気に育ちますように!
d0031955_2213739.jpg


お昼は妹宅に戻って、旦那のケンちゃんお手製のカレーうどんを、みんなでいただく。
これまじでうまかったっす!
d0031955_2235413.jpg


そして夜は、姪っ子と甥っ子(一人目と二人目)の誕生会!
二人は同じ誕生日なのです。だからケーキも2コ。d0031955_2251129.jpg


家族中のみんなからたっぷりプレゼントをもらって、大興奮の二人でした。
[PR]

by satoritti | 2010-11-04 02:27

夏の終わり、仕事もだいぶ慣れてきた頃、
子供っちを連れてロンドンから里帰り中のよーこさんと会いました。
ジェイミー&ももちゃんに会うのは、思えば半年以上ぶり?
二人とも成長してた! 
d0031955_1592664.jpg


特にももちゃんはすっかり女の子らしくなってて、
でも言動は相変わらず超面白くてチャーミング。笑かされっぱなしでした。
d0031955_203194.jpg


とっても仲が良くて可愛い兄妹♥

ファミレスでの夕飯、締めはやっぱりパフェですな。
d0031955_225817.jpg



今度はロンドンで遊ぼうね〜。
[PR]

by satoritti | 2010-11-04 02:03 | days

晴れ

11月になってしまいました。
この2ヵ月ちょいの間に、またいろいろなことがありました。

一つに、高校、大学と一緒だった友人が急逝したこと。
彼女とは卒業後も時々会ったり、一緒に旅行したりする仲だった。
いつも忙しくいろんなことに取り組んでいて、人付き合いもマメで丁寧。
3年ぶりに帰国した私にも連絡をくれて、他の友人たちも一緒のランチに誘ってくれたのに、
私は職なし、彼女は3人目を妊娠中だったため、私の状況が落ち着いた頃、
彼女もお産を済ませて落ち着いた頃にまたゆっくり、という話になり、会わずじまいだった。

そうしたら彼女は、出産時に子宮破裂を起こし、そのまま意識不明になってしまった。
そしてその3週間後、あっけなく他界してしまった。
赤ちゃんは無事に生まれて、すくすく育っている。
遺された3人の子供たちと旦那さんのことを思うと、本当に胸が痛い。

お通夜にはなんと500人ぐらい参列したそうで、彼女の人徳を改めて思い知った。
また、旧友にたくさん会った。高校時代の友達は、
それこそ10年以上会っていなかった人たちばっかりだけど、
しかも今はみんなそれぞれに違う人生を生きているわけだけど、
再会すれば、あっという間にあの頃に気持ちが戻ってしまうのだった。
そしてみんなで、彼女との日々を懐かしんだ。
しかし、こんな形で再会することになるなんて。

翌日の告別式もしめやかに行われ、私たちは出棺まで見送った。
棺の中の彼女を見るのは本当に本当につらく、堪え難い思いだった。

でも、今でも全然実感がない。
毎日会っていたわけじゃないから、まだどこかで生きているような気がしてならない。

その翌週、妹が3人目を出産した。
友人のことがあったので、私もとりわけナーバスになったけれど、
無事に元気な男の子が生まれた。
それからあっという間に2ヵ月。こちらもすくすく元気に育っている。

人は生まれて、死ぬ。
このシンプルな事実を心底しみじみと実感した2週間だった。
頭ではわかっているつもりでも、実際に直面すると、
実は自分は、それを受け入れていたわけじゃなかったのかもなと思い知る。
でも、だからこそ、好きなことして生きなくちゃ。
これもよく言われることだけど、今回、改めて噛み締めるように思ったのだった。
人生は本当に不条理だから、計算しても仕方ないし。

R.I.P
[PR]

by satoritti | 2010-11-04 01:50 | days