先日、以前仕事でお世話になっていた事務所の社長に会い、
とっても美味しい和食をご馳走になりました。

連れて行っていただいたのは、新宿にある郷土料理店「くらわんか」。
月替わりの郷土料理のコース(10月は「越後路」)をいただきまして……
もーう本当に美味しかった!! 以下、写真で美味しさのお裾分け。

まずは突き出し、かきのもと
d0031955_1436239.jpg


お次は前菜、鮭とば〆張びたし、秋鮭白子ポン酢、むかごよせ、焼栗、鯖寿司
白子は苦手な私ですが、この日は美味しくいただいてしまいました。
d0031955_1439398.jpg


続いて<生>戻り鰹、秋刀魚、芽もの
d0031955_1440685.jpg 

  
<焼>栃尾の油揚げ焼
d0031955_1440483.jpg


<煮>越後名物のっぺ:五泉里芋“絹むすめ"、いくら、えのき、はすしめじ、なめこ、
人参、こんにゃく、絹さや が入った、優しい味わい
d0031955_14412759.jpg 


<揚>越後舞茸、わかさぎ、青唐の天ぷら
d0031955_14433082.jpg


<食>は、秋鮭わっぱ飯:秋鮭、玉子焼、いくら、三ツ葉、柚子の贅沢なご飯。
お吸い物も具だくさんで美味しかった〜。
d0031955_14564670.jpg


d0031955_14544884.jpg


食後には自家製巨峰シャーベットが出ました。
あーー本当に満喫いたしました。ご馳走様でした。
こんなに贅沢な和食は本当に久しぶりでした。
やっぱりご飯は日本だなー。   
[PR]

# by satoritti | 2010-11-04 14:52 | eating

そして9月の終わり。
妹の3人目の子供(男児)が無事に生後1ヵ月を迎えたということで、
家族揃って、近所の氷川神社にお宮参り。
天気がよく、境内には光があふれ、とても清々しい日でした。
d0031955_2151125.jpg


d0031955_2154351.jpg


お宮参りに参列するのは初めてでしたが、なかなかに厳かな雰囲気。
d0031955_2183077.jpg


元気に育ちますように!
d0031955_2213739.jpg


お昼は妹宅に戻って、旦那のケンちゃんお手製のカレーうどんを、みんなでいただく。
これまじでうまかったっす!
d0031955_2235413.jpg


そして夜は、姪っ子と甥っ子(一人目と二人目)の誕生会!
二人は同じ誕生日なのです。だからケーキも2コ。d0031955_2251129.jpg


家族中のみんなからたっぷりプレゼントをもらって、大興奮の二人でした。
[PR]

# by satoritti | 2010-11-04 02:27

夏の終わり、仕事もだいぶ慣れてきた頃、
子供っちを連れてロンドンから里帰り中のよーこさんと会いました。
ジェイミー&ももちゃんに会うのは、思えば半年以上ぶり?
二人とも成長してた! 
d0031955_1592664.jpg


特にももちゃんはすっかり女の子らしくなってて、
でも言動は相変わらず超面白くてチャーミング。笑かされっぱなしでした。
d0031955_203194.jpg


とっても仲が良くて可愛い兄妹♥

ファミレスでの夕飯、締めはやっぱりパフェですな。
d0031955_225817.jpg



今度はロンドンで遊ぼうね〜。
[PR]

# by satoritti | 2010-11-04 02:03 | days

晴れ

11月になってしまいました。
この2ヵ月ちょいの間に、またいろいろなことがありました。

一つに、高校、大学と一緒だった友人が急逝したこと。
彼女とは卒業後も時々会ったり、一緒に旅行したりする仲だった。
いつも忙しくいろんなことに取り組んでいて、人付き合いもマメで丁寧。
3年ぶりに帰国した私にも連絡をくれて、他の友人たちも一緒のランチに誘ってくれたのに、
私は職なし、彼女は3人目を妊娠中だったため、私の状況が落ち着いた頃、
彼女もお産を済ませて落ち着いた頃にまたゆっくり、という話になり、会わずじまいだった。

そうしたら彼女は、出産時に子宮破裂を起こし、そのまま意識不明になってしまった。
そしてその3週間後、あっけなく他界してしまった。
赤ちゃんは無事に生まれて、すくすく育っている。
遺された3人の子供たちと旦那さんのことを思うと、本当に胸が痛い。

お通夜にはなんと500人ぐらい参列したそうで、彼女の人徳を改めて思い知った。
また、旧友にたくさん会った。高校時代の友達は、
それこそ10年以上会っていなかった人たちばっかりだけど、
しかも今はみんなそれぞれに違う人生を生きているわけだけど、
再会すれば、あっという間にあの頃に気持ちが戻ってしまうのだった。
そしてみんなで、彼女との日々を懐かしんだ。
しかし、こんな形で再会することになるなんて。

翌日の告別式もしめやかに行われ、私たちは出棺まで見送った。
棺の中の彼女を見るのは本当に本当につらく、堪え難い思いだった。

でも、今でも全然実感がない。
毎日会っていたわけじゃないから、まだどこかで生きているような気がしてならない。

その翌週、妹が3人目を出産した。
友人のことがあったので、私もとりわけナーバスになったけれど、
無事に元気な男の子が生まれた。
それからあっという間に2ヵ月。こちらもすくすく元気に育っている。

人は生まれて、死ぬ。
このシンプルな事実を心底しみじみと実感した2週間だった。
頭ではわかっているつもりでも、実際に直面すると、
実は自分は、それを受け入れていたわけじゃなかったのかもなと思い知る。
でも、だからこそ、好きなことして生きなくちゃ。
これもよく言われることだけど、今回、改めて噛み締めるように思ったのだった。
人生は本当に不条理だから、計算しても仕方ないし。

R.I.P
[PR]

# by satoritti | 2010-11-04 01:50 | days

晴れ

まだまだ猛暑が続く日本です。

今月から短期でフルタイム・ワークを始めましたが
これがまあーーーものすごく濃ゆい職場で。
長年フリーでマイペースに仕事してきた私には刺激が強すぎたのか、
先日、仕事中に具合悪くなりました。
頭が割れるように痛くなって、しまいには嘔吐。ゲェーーー。

結局病院でCTスキャンをとる騒ぎにまでなったんだけど、
まあ、脳には異常なし。血液検査も問題なし。
で、とりあえずひと安心。たぶん熱中症気味だったのではないかと思います。

ところでその日はちょうど金曜日で、翌週の月曜から丸々一週間、
お盆休みで会社が休みだったのでした。
そこで、ちょうど父の誕生日だったこともあり、
両親とともに埼玉県の田舎、ときがわ町のほうまで日帰りドライブ旅行。

そしたらねー、ここが緑豊かで空気がきれいで、
とってもいいところだったのでした!

都幾川のほとりにピクニック&BBQサイトが設けられていて、
家族連れの姿もちらほら。
川で子供たちが遊んでてとっても楽しそうです。
私も水着持ってくればよかったなあー。
d0031955_2359215.jpg

d0031955_23572018.jpg


さて、お目当ての「四季彩館」という温泉施設はこちら。
みなさんキャンプを楽しんだ後にひとっ風呂あびて帰る、って感じでしょうか。
古民家を移築したらしく、建物内部は梁が剥き出していていい感じです。
d0031955_014523.jpg

それにしてもこの温泉、私の体にものすごく効きました!
まず建物の中に入ると、木の香りに包まれて心がほっと休まります。
さらに、お風呂に向かう途中の廊下というか、裏庭に続く縁側の部分に
足湯があり、これがもう最高!!
木のテーブルに体を預けて、足を湯に浸けてるだけで、とろーんと夢心地になってきます。
d0031955_016412.jpg

蚊取り線香の匂いってもともと好きなのですが、
ここまで堪能したのは久しぶりのことでした。
d0031955_033124.jpg

私もこの男の人のように、軽く寝入りました。
d0031955_017382.jpg

肝心のお風呂も、小さいけれどとっても気持ちよくて、
入浴後はかなりリフレッシュ。

しかも翌日めっちゃ体調がよくなり、この私が、休日だというのに
朝7時にスパーーーーッと目覚めてしまいました!
泉質が体に合ってたんでしょうかね〜。それにしても驚くべき効果です。

あまりに気に入ったので、また近々、ちょっとお疲れモードになったら
足を運びたいと思います。日帰り湯治ね。

最後に、高台から眺めたときがわ町の景色を。
d0031955_0355128.jpg


都幾川 四季彩館
[PR]

# by satoritti | 2010-08-25 00:29 | travel

猛暑

どうもどうも、現在ニッポンは埼玉県からです。
めっちゃ暑いです……。

ビザの都合で帰国して、まもなく2ヵ月が経とうとしています。
日本の夏を体験するのは5年ぶり、ということでドキドキしてましたが、
はっきり言ってこれ、超キッツイ!!!!! 
このままでは思考停止状態に拍車がかかって廃人同然に……うう、どうしよう。
でも5年分の汗をかいて、溜まりに溜まった老廃物を
流してるよーな気がしないでもないです……。

とりあえず、昨日は土用の丑の日ってことで(親の金で)ウナギ食べました。
久しぶりで美味しかった!
d0031955_1762434.jpg



とりいそぎ、今日のところはこのへんで……。

Satori(リハビリ中)

●Today's disc(気まぐれに復活):Best Coast/Crazy For You
ただいまブレイク中の。アルバム本日発売。夏ですねー。80sー90sっぽい懐かしさもあり。
[PR]

# by satoritti | 2010-07-27 17:42 | eating

すーーーーっかり放ったらかしにしていたこのブログ!
前回アップしたのが1月なので、4ヵ月も放置してしまいました。
いやはや……。

突然ですが、最近の私はもう、3ヵ月ぐらい先までしか
予定が立てられない人生を送っております。
ほんとに人生、一寸先は闇だったり、光だったり。
なんでこう、次々といろんなことが起こるのかしら……と思うのですが、
もうここまで来たら後戻りはできねーーーって感じっす、ハイ。
はあー、今日もがんばろう。

そんでもってちょっと前の話になりますが、
Bracelettesのデモをレビューしてくれたブログがありまして!
上記のリンクのページ(Apr 2010)をスクロールダウンしていけば、
私たちのデモのレビューが見れるのですが、これ、オランダ語なのね。
で、Googleのオランダ語翻訳を使ってみたら、、、爆笑!
もう超面白いので、ここにご紹介しちゃいます。

「コンセプトはシンプルで、結果がある実に驚くべきことです。 2人の日本人女性は両方の罰金と入れマイクの形をした口でギターとベースを演奏を許可します。その背後には彼の前にやや良い仕事をリードしようとして混乱を置くドラマーです。当然のことながら無駄。ロンドンベースのBracelettes、ガレージから直接精液パンクになります。女性悟りと綾子の代替として、元のボーカル。それは本当に歌っているかどうかは、議論の余地が。が利用して人原始的なリフに浸漬され、ドラマーのマーク、美しいポルノ口ひげに恵まれて動じないgeslaakt泣いている。今のところ、我々は6曲やMySpaceのページBracelettesにいくつかの曲をデモCDを使ってください。このようなバンドが、もう一度人生をもう少し魅力的なので、私からは、すぐに公式リリースに追加されることがあります。私は、今では世界の残りの部分はまだファンです。」

精液パンクって! ポルノ口ひげって!(しかも泣いている)あはははははは。
オランダ語→英語翻訳のほうが、さすがにずっとマシです。いちおう、こちら。

The concept is simple, the result sometimes downright astonishing. Allow two Japanese women playing guitar and bass on both fine and put a microphone-shaped mouths. Behind them is a drummer who put the chaos before him somewhat good job trying to lead. Naturally vain. The London-based Bracelettes makes seminal punk straight from the garage. The ladies Satori and Ayako alternate as the vocals of ex. Whether it is really singing, is debatable. There are cries geslaakt who are immersed in a primitive riffs and unperturbed by drummer Mark, endowed with beautiful porn mustache. For now, we do a demo CD with six songs and some songs on the myspace page Bracelettes. From me there may soon be added to an official release, because such bands makes life a little more attractive again. I am a fan, now the rest of the world yet.
[PR]

# by satoritti | 2010-05-19 10:00 | music

曇り、ときどき雪

おかげさまでブレスレッツ、忙しくギグギグ・スパトニック!してます。
(そういえばちょい前にジグジグ・スパトニックがカムデンのアンダーワールドで
ライブやって、ソールドアウトだったそうですよ! すごくない?まじで人気は健在なのか!?
あたし昔好きだったんだよな〜。今度見に行かなくちゃ)
ヴェニューごとにいろいろ仕様が違うので、毎回音の聴こえ方も違って混乱したり、
思うようにいかないことも多いけど、とりあえず今は
やれることを目一杯やるしかないって感じです。
そういう意味では偶然にも私たちを見つけてくれて、声かけてくれるのは非常に有り難く、
とりあえずどんな挑戦でも受けるby猪木的な姿勢でいるのだけれど、
このへんもなかなかどーしていろいろで、まあ要するに手探り状態です、ええ。

そんな中、ついこないだの1月8日金曜日、どんな偶然なんだか、
あのPete Doherty(元Libertines/Baby Shamblesの)の前座を務めることになりました。
もともと私たちはこの日に他の4バンドとプレイすることになっていたのですが、
翌週に同じヴェニューで3日間のライブが決まっていたPete様が急遽、
「やっぱり2日間のライブにするうー。そんで1日目は8日の金曜日にやるうー!」
と言い出したらしく、突然うちらのライブの日に割り込んできたってわけです(笑)。
プロモーターも慌てて調整したらしく、
結局、私たち含めて6バンドが前座として出演することに。

ヴェニューは私たちが前に初ライブをやらせてもらったRhythm Factory。
当日、楽屋はごった返していて、スタッフもいっぱいいて、
ステージの前にはものすごい高い柵が張られていて、あんぐり。
前回来た時とはヴェニューの雰囲気が全然違って見えました(まあ、
ヴェニューとしては本領発揮ってことなんでしょうけど)。
そんな中、「わーなんか学園祭みたい!」なんつって
バンドのメンバーに呆れられていたのはこの私です。
なにはともあれ、Pete Dohertyが(エキセントリックなライフスタイルの
ドラッグ中毒の人として、はたまたケイト・モスとの一件などで)有名なのは
知っているけど、今、ミュージシャンとしてどんだけ人気があるのか
よくわからない私たちは、ぼけーっとその状況を眺めているしかないのでした。
だってチケットも前売り£15、当日£20と高い!なんか全然違う世界。

私たちの出演は3番目で、お客さんもそこそこ入っている中、
演奏できたのでよかったです。今日は歌ってて自分のボーカルが
あんまり聴こえなかったけど、ライブは楽しくできました。
そんで、肝心のPete様は前座の最後のバンドが終わってもまだヴェニューに現れず、
またしてもドタキャンか!?と思われましたが、結局夜中の1時ぐらいに到着、
すぐステージに立ってライブ。ヴェニューは満員、チケットも完売だったようです。
ギター2本のアコースティックライブでしたが、リバティーンズの曲とかもやってました。
(Baby Shamblesもやってたと思います、私は聞いたことないのでわかんなかったけど)
客はほとんど酔っぱらってたけど、みんなPeteの歌に合わせて合唱していて、
やっぱ人気なんだなー、と。私もかつてリバティーンズは好きだったし、
この人の曲ってメロディはやっぱりいいなと思うので、まあ納得なんですが。
(英国ロック独特の音色みたいなのがあるような気がします)
あと、歌詞をよく読んだことがないけど、きっと多くの英国人に訴えかける歌詞なんだろね。
d0031955_5444785.jpg



それにしても1時間半ぐらい?やってたんじゃないかなー。長かった。
そんで、終わったらまたソッコー、楽屋をするりと通り抜けて、
裏口からヴェニューを出て行ってしまいました。さようならPete様。

ライブが終わったのは2時半すぎぐらい。
その後なんだかんだで、結局家に着いたのが朝の4時頃。
土曜日はほぼ丸一日、ごろごろしていました。
今日もなんかまだ疲れてます。ああー温泉温泉!!(とりあえず願望を文字に)
[PR]

# by satoritti | 2010-01-11 05:46 | music



もはやお正月気分もすっかり消え去った頃かと思いますが、
改めまして、新年あけましておめでとうございます!
すっかり更新が気まぐれ頻度になっているこのブログですが、
今年もゆるりとよろしくお願いします。

それにしても2010年て……なんかすごい〜〜〜。。。ついこの間、
ミレニアム〜!とかって騒いだよーな気がするのに
あれからもう10年も経ってしまったのだね。ひいー。
私は結局、3年連続イギリスで年越し……ペロっと年が明けてしまい、
とりあえず実家から送ってもらったお餅でお雑煮つくって食べてはみたものの、
はっきりいって正月気分ゼロ。日本のお正月を楽しむのは来年までお預けです。

で、年末年始は何してたかとゆーと、ギリギリになってお誘いをいただき、
Elephant & Castleのウエアハウス・パーティで年越しライブと相成りました。
日本人のDJがテクノとかハードハウスとか鳴らしてる、
ちょいと怪しげなクラブパーティで、あたしら浮いてない?って感じだったけど……。
そのうえ機材の不備やらいろいろでサウンドチェックもできず、
演奏してても全然音が聴こえん!で、あたしはワイルドになってしまいました。
久しぶりにあやしー人をいっぱい見たし……。
まあ、これも経験ってことで☆

結局夜中の3時半ごろヴェニューを出て、その後、
友達のフィリープ&ティエリが住んでいるフラットで開催中の
NYEパ―ティーにあやこちゃんのダンナのニックも行っているとのことで、
私もとりあえず顔出しに。着いたらもう4時すぎで人もまばらだったけど、
DJティエリは途切れなくパンクやガレージをかけていて、
不思議空間で毒された身にはとっても心地よく現実が戻ってくるような感じで
楽しく踊ったのでした。最後はヘロヘロで寝てたけど。

そんで元日は昼の2時まで寝てて、ぐーたらした一日を過ごしていたんだけど
結局、夜も遅くから支度を始めてVibratorsのお正月ギグ@100clubへ。
Vibratorsを見るのは初めてだったのですが、さすがというか何というか、
よかったです。特にドラマーのエディさんが猛獣のようにエネルギッシュでよかった!
d0031955_4202485.jpg



d0031955_422090.jpg



合間にお約束のバーレスク・ショーもありました。
d0031955_4163270.jpg

[PR]

# by satoritti | 2010-01-07 02:33 | days

d0031955_3124549.jpg


ロンドンはここのところ、たくさん雪が降っています。
明日は人生初のホワイト・クリスマス、かも!?

ハッピークリスマス! すてきな一日になりますよう!
[PR]

# by satoritti | 2009-12-25 03:14 | days