いまや恒例の?ギグまとめです。

●7月3日/棒人間@Macbeth。
d0031955_8272938.jpg


少し前にOld blue lastでVo.のタイゲン君と久しぶりにバッタリ遭遇。
そんで、その後もタイミング合わなくてなかなか見に行けてなかったのですが、
この日にやっと見に行くことができました。前に見たのはいつだろう、半年ぐらい前かな?
そのときよりずっと音が熟してきているような印象でした。

●7月10日/Black Time,Shitty Limits etc.@The Bridge
d0031955_832319.jpg


SceptresのVo.の女の子の企画。ロンドン・ブリッジに新しくできたヴェニューとかで、
バーもなくてドリンク持ち込みでした。しっかし非常に見にくい設計。
Black Timeを初めて見ましたが、今回はハードコアなラインナップだったせいか、
ガレージ色は薄く、ちょっと中途半端な印象......。
(カセットテープが£2で売ってたので購入して家で聞いたら、
これまたなんだか昔、高円寺のライブハウスによく行ってた頃のことを
思い出したりして、懐かしくなってしまいました)
Shitty Limitsはかなり盛り上がっていました。が、私はハードコアファンではないので、
なんとなく遠巻きに眺めるに留まりました。その他のバンドも同様。

●7月22日/Dickies@Underworld
d0031955_8431565.jpg


初めて見ましたディッキーズ。しかもAll Agesのニックのお陰で
タダ見させてもらいました(いつもありがとー!)。
53歳(だったかな?)であのパワーはすごいわー。
50歳以上になってなお精力的にバンド活動を続けている人たちって、
みな一様にアスリートのような風貌をたたえているような気がします。
体鍛えてないと、もたないでしょうし。
しかしディッキーズは、着ぐるみやらぬいぐるみやらがいろいろ登場して賑やかです。
最初から最後まで、飛ばしっぱなしのお祭り騒ぎで楽しかった。

●8月2日/Adolescents@Underworld
d0031955_8573787.jpg


しつこいようですが私はハードコアをほとんど聞かないので
特にファンというわけではないのですが、これまたニックのお陰で
タダ見させていただけるということで、便乗させてもらいました。
めちゃ若いギターの子が気になりました。すごい若そうなんだけど、うまい!

さてさて、ここでご報告。
実は、去年の夏ぐらいから独学でベースを始めて、
同じくギターを始めたあやこちゃんとバンド結成を目標に、
週1回ペースで、All Agesで閉店後に練習してきました。
ラモーンズの曲を何曲か練習した後、曲づくりを始めて、
試行錯誤しながらなんとか十数曲、完成しました。
それで最近やっとそこそこ演奏にも慣れてきたので、デモをつくって広告を出し、
ドラマーを募集。何人かとセッションした後、ついに決定!
というわけで、今はドラマーと一緒に練習中です。
来月ぐらいからライブが始められればよいなーと思っているところ。乞うご期待です!!
あ、ちなみにジャンルはパンク/ガレージ寄りのポップソングです。

実を言うと先月、友達のバースデー・ガーデン・パーティで、
初めて人前、それも30人ぐらいの前で演奏しました。
そのときはまだドラマーが決まっていなかったので、最初はお断りしたんだけど、
「やらなかったら一生恨む」と脅され(?)、ドラムマシーンで演奏することに。
しっかし夜のガーデン、真っ暗でなんも見えん!
途中でどこ押さえてるかわかんなくなったりして、
かなりめちゃくちゃだったと思いますが、相当に楽しかったです。
いろいろ課題は多いけど、はやくヴェニューで演奏できるようになりたい! 
まずはマイスペース開設に向けて、がんばります!
[PR]

# by satoritti | 2009-08-31 09:21 | music

7月のあたまの休日、家で仕事をしていて煮詰まってしまい、
とりあえず気分転換にと、ヒースに散歩に出かけました。
そしたら何やらお祭りムード。でっかいステージが設置されていて、
脇にはスクリーンまで備わっています。
気づけばまわりには屋台も出ており、仮設トイレまで用意されている。
何かと思ったら「スウェーデン祭り」とやらが行われているのでした。
d0031955_7543883.jpg


みんな家族や友達、または犬連れで、楽しそうにピクニック。
私もなんだか楽しくなってきて、うろうろ歩き回りました。
なんとなく小腹も空いていたので、屋台でベジバーガーを買って食べました。
そして昔々、初めてアメリカでホームステイしたときに、
ホストファミリーに連れられて地元のフェスに行ったことを思い出しました。
確かビーチボーイズを見たような気がします。見たって言っても米粒サイズだったけど、
それまで芝生の上でのんびり寝っころがりながらライブを楽しむってことを
したことがなかったので(日本ではまだ現在のような音楽フェスはなかったので)、
とても新鮮に思ったことを覚えています。アメリカ人は余裕だな〜、
ステージとか見なくても楽しいのか〜とか思ったような笑。

さて、話はヒースに戻りますが、ステージにはバンドがいくつか出演し、
主にフォークミュージックやポピュラーミュージックを演奏しておりました。
周囲にはスウェーデンの企業のコマーシャル・テントが。
そしてその脇で、なぜかエアロビクスをやっている集団に遭遇しました。
d0031955_885164.jpg


d0031955_811186.jpg


メインステージでポップソングが大音量でかかっていてもお構いなし。
軽快なダンスビートに合わせて踊る踊る。

ひととおり鑑賞して満足した私は、家へ戻りました。
すると、ジョンとケイティが裏庭で夕飯を食べるので一緒にどう?とのお誘い。
ベジバーガーでお腹いっぱいになっていた私は、デザートだけジョインすることに。
夕闇が迫る中、裏庭でランプを灯してのひとときは、
ちょっと贅沢なサマーキャンプのようで、なんだかとても素敵だったのでした。
ああ、夏がずっと続けばいいのに!
d0031955_817622.jpg
[PR]

# by satoritti | 2009-08-30 07:38 | music

d0031955_7303348.jpg


時々、アーチウェイにあるBudgens(スーパー)まで買い物に行くのですが、
先日ここで、Pokkaから発売しているペットボトルの緑茶を発見。
おおっ、と思ってさっそく購入、飲んでみると「爽健美茶」のような味わい。
こ、これは嬉しい〜、ちょくちょく買いそう〜、なんて思っていたら、
次に行ったときにはこの普通の緑茶はなくなっていて、
代わりに「ハニーレモン味の緑茶」(写真のシロモノ)なるものが売られていた。
おや......?と思いながらもとりあえず買って飲んでみると、
今度は「午後の紅茶」の味.......がっかり。
英国で売るにはやっぱり甘みが必要だったのでしょうか。
日本人的には「爽健美茶」が近所のスーパーで買えるほうがうれしいんだけどなあ。
[PR]

# by satoritti | 2009-08-29 07:29 | eating

英国ニュースダイジェストで特集記事を担当させていただきました。
今回はロンドンから程近い、ケント州の小さな町にスポットを当てています。
よかったら見てみてください。
[PR]

# by satoritti | 2009-08-28 07:24 | work

すっかりご無沙汰してしまいましたが、みなさんお元気でお過ごしでしょうか。
ふと気づけばもう8月も終わり。きゃーっ。
2ヵ月近くブログを放ってしまいました。
そしてその間に、また一つ歳をとってしまいました。

8月の半ばにして天候イマイチ、曇りがちの日々が続いていたロンドン。
もう夏は終わってしまったかのように見えました。
しかし誕生日の日、突然の夏日カムバック! で、興奮。
なんとはなしにワクワクしながら午前中に雑用を片付けていると、
ラムちゃんから電話で、和食ビュッフェ・ランチへのお誘い。
もちろん私の誕生日のことなど露知らず、気まぐれなお誘い。
好きだわーこーゆータイミング、ってことで、昼間から一番搾りです。
d0031955_6582247.jpg


ランチの帰り、ハムステッド・ヒース駅近くでバスを降り、
そこから歩いて家まで戻る途中、フルーツを売る屋台でスイカを見つけ、つい購入。
スイカが食べたくなる天気だったのです。
ぐわーっとかぶりついて、あっという間に食べてしまいました。しかも甘くておいしかった!
d0031955_733260.jpg


ヒースを歩いていると、可愛い風船やらが飾ってある木立を発見。
どうやら前夜にここで誕生日パーティでもしていたようです。
しかもそこに書かれている数字は「70」。
70歳のお誕生日を、みんなでヒースでお祝いしていたのかしら。素敵ねー。
d0031955_773750.jpg


ほんでもって夜は、気の置けない友人たちとカラオケで大騒ぎ。楽しかった〜☆
付き合ってくださったみなさま、またメールやらお送りくださったみなさま、
本当にどうもありがとうございました!
この先一年、いろーんなことが起こりそうな予感がしています......!

●today's disc:Jay Reatard/Watch Me Fall
待ちに待った新作がついに出ました。今のところ毎日聞いて部屋で踊っていますけれども。
聞けば聞くほど好きになってます。特にお気に入りはCan't do it anymore 〜 Faking it、
Rotten mind 〜My Realityの流れ。全体的に感情を揺さぶられるチューンです。
[PR]

# by satoritti | 2009-08-27 06:49 | something

曇りときどき晴れ、のち雨、大雨、雹、そして曇り

タイトルそのまんま&先月の話になりますが、
友人と待ち合わせしていたピカデリーに到着すると、
裸で自転車に乗った人々が大通りをびゅんびゅん駆け抜けていました。
ええっ?と思ったのも束の間、次の瞬間カメラを取り出して撮影。
いや、光景としてやっぱり面白くてねー。

若い女性もおっさんも赤ちゃんおんぶしながらのママも、みーんなハダカ
d0031955_4371820.jpg



なかには水着姿やボディペイントしてる人なんかもいましたが、
男性は比較的全裸(靴下とスニーカーのみ着用)が多かったかと(まーこんな
調査報告してるあたしもどーかと思いますが)

帰宅後、調べてみると、なにやら「world naked bike ride」という
環境問題がらみのイベントで、2004年からやってるみたいです。
でもはっきり言ってみんな裸になって開放感に浸りたいだけなんじゃーないかしら。
まあ、それがテーマといえばテーマなのでしょうけれども。
SMAPのクサナギ君も、これに参加できればよかったのにね!

お次は6月中旬、少年ナイフがロンドンに来たので見に行ってきました。
d0031955_4445552.jpg


なんと15年ぶりの来英だそうです。
(それで考えてみたら、私が東京で少年ナイフを見たのも
ちょうど15年ぐらい前でした...ひー。時が経つのはほんとに早い)
なので、1日目のこの日のチケットはあっという間に売り切れ、
追加公演も決まり、ロンドンで計3回のライブ。
しかし、当時からずっといるメンバーはG&Vo.のナオコさんだけで、
特にドラマーはめちゃめちゃ若そうでした。
それでも昔の曲をいっぱいやってたので、うれしかった。
当時のことを懐かしくいろいろ思い出しました。

ちなみに前座に出てたSputniko!ちゃん、事前にマイスペースでチェックしたら
なんか面白くて新鮮でソッコーで好きになりました。
イギリス人と日本人のハーフで、ご両親が数学者、叔父さんが物理学者、
本人も情報工学系出身の理系女子とのこと。
そんでもって曲が好きだ!
ミクシの歌とかグーグルの歌とかティンコの歌とか、
笑える以上に曲がなんかいいんだなー。
久々、テクノとか電子音に浸りたくなりました。
パンクは大好きだけど、ときどきエモーションの洪水で
疲れる(今がたぶんそんな感じなのかもしれません)ので、
そーゆーときにはデジタル音に癒しを求めたくなるってゆーかね。
癒しといってもいろいろですしね。

●today's disc:少年ナイフ/712
なんだかんだ言って一番よく聴いたかなー。これと「Let's knife」もよく聴いたな。
というか、ディスコグラフィーをチェックしたら、聴いてたのは「Rock Animals」までだった。
これが1993年。うわー、16年前だ......。
[PR]

# by satoritti | 2009-07-08 05:06 | music

英国ニュースダイジェストで特集記事を担当させていただきました。
夏の公園特集パート2。ロンドン市内の王立公園を紹介しています。

今回、写真撮影も兼ねて個人的にキューガーデンに初めて行ったのですが、
とても楽しめました。入園料は高いけど、一度は行ってみる価値ありだと思います。
特に私は、さまざまな熱帯植物が茂っている温室が気に入りました。
温室って、今までにもまあ、何度かは訪れていると思うんだけど、
こんなに楽しかったのは初めてかも。
寒い国にいるゆえ、熱帯への憧れが無意識のうちに高まってるだけかもしれませんが。

しかも今回、温室内で大きなトカゲとすれ違いました。
ここは動物園じゃないよねえ、とか言いながら釘付けになっていると、
ちょうどスタッフの人が通りかかって「あらっ、出てくるなんてとっても珍しい!」
ここでは生態系を守るためにトカゲが放されているらしいんだけど、
彼らが昼間、活動することは滅多にないんだそうで、見られてラッキーだったようです。
触ってもいいかどうか聞いてみると、
「いいけど自己責任よ。飼いならされてないからね」
というので、シッポのほうに軽く触ってみました。
思ってた通りの感触で、特に反応もなし。でもなんか興奮。
d0031955_0122143.jpg


日本にちなんだ建物もいくつか点在しています。
「Minka house」とか(しかし民家ハウスって...。よく外国人が
日本でヘンな和製英語見つけてウケたりしてるけど、これだって同じじゃんね?)
日本庭園とか。まあ、日本庭園といっても、枯山水を目指そうとしたけれど
侘び寂び感覚など到底わからず、やっぱりちと洋風になっちゃいました的な庭園ですが。
それはそれでまあ、面白いといいますか。
d0031955_0494580.jpg


もう一つ、ケンジントン・ガーデンズでの話。
正確にはここにいるリスの話なんだけど、
彼らにエサを与える人間がたくさんいるせいで、
すっかり飼いならされたリスになっており、
なんと道ゆく人間にエサをねだるのだ。
で、私にはその光景がとても恐ろしく見えてしまったのです。

園内にフラワーウォークと呼ばれる花壇に彩られた道があるのですが、
写真を撮るためにそこを歩いていると、リスが2匹ほど、私の後をついてくる。
しかし普通、界隈で見かける野生のリスというのは、
エサを求めて地面をうろうろしながらも、人間が近づいたりしたら、
ふわりとシッポをなびかせながら、たたたーっと木に登って隠れてしまうものだ。
なのにここのリスときたら、それはもう、まとわりつくような勢いで追いかけてきて、
怖いったらないの。私がカメラを向けても全然平気だし、
それどころかエサをあげなかったら襲いかかってくるんじゃないかしら、
なんて怖い妄想がふくらんでくるぐらい執拗なストーキングぶり。
こわい、こわいよー!!
(念のため言っておきますが、私はリスが大好きです基本的に。
幼少時、シマリスを飼ってたこともあるんだから)

追ってくるリス
d0031955_028244.jpg


d0031955_0293198.jpg


無邪気なおねだりフェイスに見えて、次の瞬間、
くわっと牙をむいて飛びかかってくるんではないかという恐ろしい妄想をぬぐえず。
単に私の想像力が歪んでいるだけでしょうか。
しかしみんなよくエサあげるなあ。
あたしは浅草寺の鳩おじさんとか思い出しちゃったぞ。
あれも光景として怖いもん私。

なんだか話が大きく逸れましたが、
いい季節になってきたことだし、みなさま充実の公園ライフを!
[PR]

# by satoritti | 2009-06-25 23:47 | work

曇り、ときどき晴れ

オーディション番組「Britain's Got Talent」で開花した遅咲きの歌姫、
スーザン・ボイルさん。決勝で敗退後、心労で入院したという記事を読んでいた時、
そこに載っていた写真を見て、誰かに似てるなーと。

どことなく似てません?
d0031955_10141742.jpg


先日、日本食材店でゴーヤが売られているのを見ました。
うわなつかし、沖縄料理! 食べたい〜。
てことでついつい購入。
そんで、料理の段階になって包丁を入れてみたら。
ん?これどっかで見たことあるな........

スクリーマデリカでした。
d0031955_10175746.jpg



肝心のゴーヤは、もやしとかウインナーとか卵とかでチャンプルーにしました。
かなり苦みが強かったけど、おいしかったです。
それにしても久しぶりに沖縄料理が食べたくなりましたー。
[PR]

# by satoritti | 2009-06-08 09:02 | something

はー。ボケッとしてたらもう6月です。
なんだろうこの早さは。

またまたご無沙汰してしまいました。どうも最近、筆が進まなくて。
そんなわけで、ここしばらくの間に行ったギグ写真をまとめてアップです。

●4月22日/Hipshakes@Old Blue Last
d0031955_7225210.jpg


1年ぶりぐらいに見たけれど、前より断然カッコよくなっていた。
それにしてもこのヴェニュー、ほんと私、相性が悪いらしい。
いつもロクなことがないのだ。キャンセルになったりとか。
この日もなかなか始まらず、1つ目のバンドが演奏しはじめたのが10時近く。
以後、オセオセになってしまったらしく、
トリを務めたフランスのバンド(名前忘れてしまいました)は、
結局最後まで演奏できずじまい(曲の途中で電気を切っちゃうという恐ろしい仕打ち)。
信じられん。最低だ。

●5月13日/Mika Miko@Luminaire
d0031955_7304119.jpg


ヴォーカルの2人が対照的でかわいい。最後はステージに客がいっぱい上がって
お祭り状態になっていた。客層が若かったです。

●5月18日/Vivian Girls@93 Feet East
d0031955_755882.jpg


ちょっと暗くて儚さ漂う楽曲群ですが(なかでもTell the worldが好きです)、
ライブはとっても楽しそうにやっていてよかった。
しかしギターの子は細くて小さくて可愛くて、ちょっと見とれちゃった。
それとライブ前、物販コーナーで
ベースの子が接客しているのに気づいたファンの男の子が
めちゃめちゃ興奮した面持ちで
一生懸命喋っていて(やたら体の動きが大げさになっていた)、
その様子が微笑ましくてつい一部始終、見守ってしまいました。

●5月19日/Smashのパーティ@Latimer Road
d0031955_874336.jpg


ニュースダイジェストのレコジャケ特集のときに
協力してもらったKazちゃんに誘ってもらい、
Smash UK(フジロックとか主催してるあのSmashのUK支部です)のパーティーへ。
日本からきた4バンドをお披露目するイベントで、フリービール+フリーBBQ!
しかしSmashのオフィスがあんなところにあるとは......なんか、基地みたいでした。
そうそう、会場にThe Clashのミック・ジョーンズが来てたらしいのです。
(ちょうど私はトイレに行ってて見逃した!!!)
なにやら近くに住んでいるらしいのですが。見逃しちゃって残念......。

●5月28日/TV Smith@Bull and Gate
d0031955_861920.jpg


元AdvertsのTV Smithのソロアクト。
かずよさんの旦那さん、ジェラードさんのバンドKismetikがサポート。
しかしTV Smith、カッコよかった!アコギ一本で渾身のパフォーマンス。
Advertsの曲も数曲やっていて、感動しました。
しかも人がよさそう〜。53歳であのカッコよさ、、、素敵。
7月にはマイ愛しのJay ReatardとUSツアーもするみたいだし......。
ロンドンでもやってほしい〜!

●6月7日/Shitty Limits,Stupids@Old Blue Last
写真ありません。というのもだね!テーヘンだったんでい。
ライブに行く前にカムデンで食事したんだけど、直後からお腹の調子がおかしい。
でもまだガマンできる範囲だったんだけど、ヴェニューに着いたら突然、
激しい腹痛に襲われ、それからトイレに籠ること......20分ぐらい???
しかも冷や汗が出てきて、吐き気もする。なにこれ、食あたり。。。?
実はつい数日前に、スペインに来ていたJay ReatardのTwitterで
「たった今、史上最悪のバーガーを食べた。絶対ヤバイ。今夜飛行機の中で
もらすはめになると思う。実はこれ前にやったことがあって、笑えねえーー」
っていうのがあって笑ってしまい、夕方、その話をしていた矢先に自分がこの始末。
まあでもとりあえず20分ぐらい籠ったら少し回復して、それから会場に入ったんだけど、
その後もトイレに何度も行くハメに......。
結局、5ポンド(ギグ代)払ってトイレに行ったようなものであった泣。
やっぱこのヴェニューは鬼門だわ絶対。
............ヨゴレ話でごめんなさい。

以上、最近のギグまとめでした。
[PR]

# by satoritti | 2009-06-07 06:40 | music

英国ニュースダイジェストで、
個人的にロンドンで最も素敵な場所の一つだと思っている
ハムステッド・ヒースの特集をさせていただきました。

スペースの関係などで、写真も文章も限られてしまったので
誌面では紹介できなかった撮りおろし写真をいくつかここに載せておきたいと思います。
まあ、このブログでは今までに何度もヒースの写真載っけてますけどね〜。

d0031955_1561468.jpg


d0031955_1211298.jpg


d0031955_120853.jpg


d0031955_1512611.jpg


ヒースでは動物も見られます。こちらは物陰から視線を送るロバくん。
d0031955_1251175.jpg


ケンウッド・ハウス近くには野うさぎも。
d0031955_1264242.jpg


私が写真を撮っていたら、女の子が寄ってきました。そろりそろりとうさぎに接近!
d0031955_1274531.jpg


次の瞬間、野うさぎはぴょーんと茂みの中へ逃げてしまいました。
あーあ、やっぱり逃げちゃったね、と二人で目くばせしましたとさ。
d0031955_129230.jpg


公園特集はパート2も準備中です。お楽しみに!
[PR]

# by satoritti | 2009-05-11 01:12 | work